Hakitoの怠け者生活

海外生活 なんとなく過ごす日々の中での発見

パリ 〜老舗巡りの旅〜

私の住むオランダのロッテルダムからオランダ・ベルギー・フランスの参加国を結ぶ特急列車のタリスで2時間半。フランスの首都パリに到着します!

 

到着早々お目当ては、おいしいカジュアルフレンチ料理。

オランダも最近ではレストランの質も上がり、以前とは比べようのないほど向上していますが、それでもなかなか手の込んだ美味しいお料理にありつけないのが現状。

 

フランスに着いたら一食でも無駄にできない!!食べたいものが一杯あるけれども、無念なことに胃袋は一個。

 

f:id:Hakito:20190512044520j:image

ホテルの近くにガイドブックにも載っているお洒落でお手頃なビストロがありました。


f:id:Hakito:20190512044546j:image

鴨肉の下にお芋のピュレ。普通はじゃがいもを使用したりするものですが、さすがフレンチ。サツマイモのような甘さのあるお芋を使った、他ではなかなかお目にかかないプュレでした。


f:id:Hakito:20190512044511j:image

パリの冬の街並み。このおしゃれな緑のフレンチマギャザン(←お店・笑)は老舗のお菓子屋さんです。実の所、中で何かを買った事は無いのですが、ここの写真を撮ると素人でも100発100中見栄えのする素敵な写真になるので、この前を通りすぎるときは必ず撮ってしまいます。


f:id:Hakito:20190512044420j:image

そしてこちらは高級ホテルリッツのあるヴァンドーム広場。

残念ながらあいにくの空模様。しかしこの曇り空も、フランスぽいのです。( ←見たことないけど、恐らく映画 シェルブールの雨傘を彷仏とさせる?!)


f:id:Hakito:20190512044611j:image

そしてヴァンドーム広場には、高級ジュエリーショップも店を連ねます。


f:id:Hakito:20190512044608j:image

そしてこの素敵なアールヌーボー建築の天井は、かの有名な老舗百貨店のギャラリーラファイエットです。昔から変わらない素敵な天井です。


f:id:Hakito:20190512044554j:image

そしてずっと1度は行ってみたかった  café de la paix 。ついに思い切って行ってきました。なかなか入りづらかった理由としては、もちろん値段が高いと言うこと。また、その昔に聞いた嘘か本当かわからない話ですが、アジア人は窓側に座らせてもらえないと言うやや差別的でもある格調の高さと言う点です。

実際に中に入ってみると、ナント!日本人の店員さんがいました〜

この話が本当だとしても、もう今ではアジア人もウェルカムなのですね。よかったぁ。


f:id:Hakito:20190512044501j:image

このカフェは 1862年開業。157年続く老舗カフェです。


f:id:Hakito:20190512044436j:image


f:id:Hakito:20190512044542j:image

本日いただいたのは、ミルフィーユとコーヒーです。お値段は日本円にすると 3000円くらい言うところでしょうか。確かに内容の割に高かった気もしますが、でもこんなに高級感あふれるパリの一頭地で、長時間お茶することができたので、満足できました。


f:id:Hakito:20190512044531j:image

アール・ヌーヴォー調(←まだ言ってる…笑)のフレンチビルディング

 

そして夕飯は…

こちらもガイドブックから見つけた予約のできないビストロ『Frenchie』

 

f:id:Hakito:20190512051902j:image

お店はこじんまりとしている上に人気店ので、すぐ満席になります。

オープン前に少し並ぶくらいの気持ちで行かれる事をオススメします!


f:id:Hakito:20190512044632j:image

モッツァレラチーズの一種?ブッラータチーズのサラダ。どこがサラダ?!ってくらいサラダの概念を覆されました。

しかもブッラータを開いてみてびっくり‼️中からトロトロチーズのみならず、鶏のコンフィもでてきました。

本当に美味しかったです。


f:id:Hakito:20190512044431j:image

ピンクグレープフルーツのゼリーが上にのったフォアグラです。これも甘酸っぱさとクリーミーなフォアグラがよくあって、美味でした。

 

そして翌日は大好きな『オルセー美術館』へ。


f:id:Hakito:20190512044526j:image

 

大好きな画家👨‍🎨 ロートレックの作品。


f:id:Hakito:20190512044507j:image
f:id:Hakito:20190512044600j:image

 

そして、ゴッホの作品。オランダでも見慣れているのですが、やっぱオルセーに展示されていても力強さが素敵です。


f:id:Hakito:20190512044423j:image
f:id:Hakito:20190512044442j:image

 

そしてこちらも私の長年大好きな画家 モネの作品。


f:id:Hakito:20190512044622j:image
f:id:Hakito:20190512044628j:image

中でもこの二点はとっても大好きで、特に私の母が好きだったと言う影響もあるのかもしれません。

 

そして有名な印象派の絵画が沢山展示されているオルセー美術館には、他にもお気に入りの絵画が一杯あります。


f:id:Hakito:20190512044428j:image

ルノワールの作品

 

f:id:Hakito:20190512044446j:image

ドガの作品


f:id:Hakito:20190512044451j:image

もう1丁、ルノワールのモンマルトルを作品。moulin de la galetteの舞踊会。


f:id:Hakito:20190512044619j:image

そしてこちらも個人的に大好きなモネの作品。赤いポピーの花々と日傘をさす貴婦人のコンビネーションに、心惹かれます。

 

f:id:Hakito:20190512052416j:image

そしてまたまたロートレックの作品を発見。 Moulin Rougeの踊り子ラ・グーリュを描いた絵画。

 

そしてランチタイム。兼ねてからずっと入ってみたかったオルセー美術館のサロンの間。

お値段が高い割に、お料理は大したことがないとの前評判からなかなか行く機会がなかったのですが、この間に入ることを目的に今回は思い切ってトライ!


f:id:Hakito:20190512052200j:image

外から見ているだけでは想像できない位、素敵なお部屋でした。


f:id:Hakito:20190512052207j:image

こちらはブラックプディング。豚の血の腸詰のソーセージです。いつも気になりながらも未だ食べたことがなかったので、この機会に思い切って挑戦してみました。お味は思っていたグロテスクな感じとは違い、意外とあっさりしていて食べやすかったです。

 

そして、パリの街をぶらぶら。ヨーロッパの冬とあって、どんよりした寒いお天気でしたがクラシックな街並みと哀愁漂う空の色が、これはこれで調和しています。

 

f:id:Hakito:20190512051354j:image


f:id:Hakito:20190512051336j:image


f:id:Hakito:20190512051401j:image

ここはマレ地区にあるコメディー劇場です。いつも興味をそそられるのですが、何せコメディーを楽しめるほどの語学力がないのでなかなかトライできない場所の1つです。


f:id:Hakito:20190512051350j:image

こちらもマレ地区にある歴史図書館。建物もとても古く立派なのですが、図書館機能としては1763年にオープンした長い歴史があるようです。


f:id:Hakito:20190512051341j:image

さてこの建物は何でしょう?


f:id:Hakito:20190512051346j:image

これまたビックリ。消防署なんです(笑)パリならではの光景です。

 

そして楽しかったパリを後にして、帰途につきます。


f:id:Hakito:20190512044615j:image

パリ北駅。昔はとても怪しげで危険な香りがしていましたが、今は大きな警察所もあり治安面も改善され綺麗で明るいイメージに変わりつつあります。


f:id:Hakito:20190512044636j:image

そしてこの日車窓から見た景色。パリを少し離れるとこのような大自然の景色になります。寒いと思ったら、この日は真っ白な雪景色でした。暖かい車内から見るこの冬の壮大な景色は、寒さを体感せずに眺められるのでより最高です。

オランダと言えば…キューケンホフ!

オランダといってまず頭に浮かぶのが、チューリップ!春になると街中の花壇でもチューリップをいっぱい見ることができます。

(本当のことを言えば、オランダではチューリップ以外の花も沢山お目見えするんですが…)

 

と言うことで、かのチューリップで有名なキューケンホフに行ってきました。

 

f:id:Hakito:20190501213342j:image

世界各国から来園しています。オランダの空港スキポールからもキューケンホフ行きのバス+入園料のチケットが販売されています。

 

f:id:Hakito:20190501213235j:image

入ってすぐのところで既にもうこんな素敵な光景が!! 


f:id:Hakito:20190501213434j:image

これは薔薇?チューリップでは無いですよね?この花はペインティングでしか見たことなかったので、実物を見て個人的に感動してしまいました。


f:id:Hakito:20190501213400j:image

こんな水仙は見たことがない!オレンジ小花 IN 水仙。


f:id:Hakito:20190501213356j:image

わぁぁ、やっぱり見応え十分です!!


f:id:Hakito:20190501213247j:image

赤いチューリップ絨毯。


f:id:Hakito:20190501213351j:image

こんなにカラフルなお花が勢ぞろいするとは〜


f:id:Hakito:20190501213240j:image

これは、なんの花?!チューリップの一種?!


f:id:Hakito:20190501213445j:image

こうやってみると白いお花も存在感ありますね。


f:id:Hakito:20190501213451j:image

お花はやっぱ赤とか黄色とか原色系がいいのかな〜


f:id:Hakito:20190501213456j:image

いやいや、パステル系のピンクや紫も素敵です。


f:id:Hakito:20190501213406j:image

Keukenhofは台所の庭という意味だそうです。ん?!どういう事?なんとなく意味がわかるようなわからないような…(笑)


f:id:Hakito:20190501213412j:image

私の大好きなお花の一つポピーです。


f:id:Hakito:20190501213439j:image

お花たちで、巨大花を表現⁉️


f:id:Hakito:20190501213319j:image

こういう色合いを見るのは、綺麗というだけではなくカラーコンビネーションの参考にもなります!


f:id:Hakito:20190501213327j:image

圧倒されるチューリップの光景もよいですが、こんな感じでひっそりと小路に続いていくラベンダーの絨毯も素敵です。


f:id:Hakito:20190501213347j:image

とは言え、これぞザ・チューリップの絨毯もやはり見応え十分‼️


f:id:Hakito:20190501213335j:image

手前に写っているボートで記念写真が撮れます。


f:id:Hakito:20190501213417j:image

オランダのイメージをふんだんに入れ込んだこちらの光景。風車に運河、そしてチューリップ(笑)

風車の下あたりにフォトスポット用の巨大木靴も置いてあります〜

はい、これで完璧!


f:id:Hakito:20190501213322j:image

こちらはキューケンホフの外の景色です。これぞ本当の自然なチューリップ畑の光景です。


f:id:Hakito:20190501213428j:image

そして小腹が空いたのでオランダ名物フリッツをつまみました。この可愛いフリッツ店は、キューケンホフを出た駐車場のところにあります。

ただこんな観光地にもかかわらず、家の近所や街中で買うのと同じような価格!!

そういう欲深さがないのが、オランダの良いところの一つなのかも知れません。

 

この長いオランダ駐在生活で、実のところキューケンホフに行ったのは最初の1、 2年の時に一回きりで、その時のキューケンホフの印象はさほどびっくりするようなお花の庭園という感じもなく、駐車場は激混み、 4月末5月頭のオランダの天候はまだ肌寒いといった様子で、もう行く事は無いかなと思っていました。

今回本当に久しぶりに行ってみると、以前曇り空の下で見たお花の様子と、太陽の真下で見る光景では全く印象が違い、やっぱりキューケンホフは人気観光スポットの1つであると実感しました。

 

ちなみにキューケンホフのチューリップ開花のピークは、 4月末のキングスデーあたりに調整しているとその昔に聞いたことがあります。

今もその説が本当なのかどうか分かりませんが、確かに4月中旬から末に行くのがベストだと思います。ただオランダの難しいところはこの時期お天気がコロコロと変わるため、雨が続いたり寒くなったり、そうかと思えば翌週はカラッと晴れ暖かくなったりと、予想するのが大変難しいです。

 

残念ながら、お天気の変わりやすいところもオランダらしさの一つなのです🇳🇱

 

毎年恒例 〜ロッテルダム国際マラソン〜

毎年4月中旬になると、『ロッテルダムで国際マラソン』が開催されます。ロッテルダムはアップダウンの起伏がなく平たんなコースという事もあって、世界記録が出やすい大会と言われています。

そのこともあって有名な招待選手もやって来ます!!ただあいにくマラソンに詳しくない私は、有名ランナーを見てもいまひとつ興奮できずにいるのですが…勿体ない…

 

f:id:Hakito:20190424235039j:image

今年のスタート地点。ロッテルダムのシンボル名所の一つ「エラスムスブリッジ」の麓から。


f:id:Hakito:20190424235023j:image

この日のお天気は快晴!!応援する側は暖かくて良かったのですが、ランナーにとっては日差しも強く少し辛かったかもです。


f:id:Hakito:20190424235050j:image

毎年フルマラソンで色んな年代・性別・国籍の人が頑張っている姿をみると、自分も頑張らなきゃ!と励まされます。


f:id:Hakito:20190424235044j:image

おそらくここで15キロ~20キロ地点だと思います。そしてこの方たちはこのままのペースでいけば4時間半というランナー。すごいすごいです!!

ちなみにロッテルダムフルマラソンの足切りは5時間半です!!


f:id:Hakito:20190424235054j:image

ロッテルダムで有名なマース川。ちなみに水質はすんごく汚いです。
マース川にかかるエラスムス橋は1キロ弱です。


f:id:Hakito:20190424235033j:image

橋の麓にあるレストラン。夏の晴れた日は最高です~この日もランチやビールをテラスで楽しむ人が大勢いました。


f:id:Hakito:20190424235013j:image

マラソンを走り終えた方も、お祝いビールで乾杯!!私もロッテルダムマラソンの10キロ部門に何年か前に参加したことがあるのですが、走り終えた後のビールはサイコ~でした。


f:id:Hakito:20190424235027j:image

こちらはウォータータクシー。乗合もいけるようです。こんなお天気の日は快適ですね~

カナリア諸島〜番外編 立ち寄った素敵な街〜

途中で立ち寄った街で海と教会が見える素敵な場所がありました。

 

カナリア諸島で最も重要なカトリックのバシリカとされているようで、確かに街の住人は皆んなカトリック教徒ではないか、というような印象を受けました。

お年寄りや車いすの方などをよく見かけ、その他にも世界各地から巡礼に来ている人も多いようです。

 

f:id:Hakito:20190407193314j:image

高台から見る街と海の様子。


f:id:Hakito:20190407193250j:image

こちらが有名なヌエストラ・セニョーラ教会。


f:id:Hakito:20190407193308j:image

海を近くで覗いてみるとこんな感じ。なんだかガラス細工のように見えます。


f:id:Hakito:20190407193302j:image

多分、街の?!もしくはテネリフェ島?!いや、カナリア諸島の英雄さんと思われる銅像。


f:id:Hakito:20190407193330j:image

ポストカードに出てきそうな、こんなかわいいお家が存在します。

 

そしてもう1カ所。

ボタニカル・ガーデンに有名な木を見に行ってきました。


f:id:Hakito:20190407193320j:image

こちらはサンマルコ教会。


f:id:Hakito:20190407193242j:image

この木彫りのエントランスのドアがとても素敵です〜


f:id:Hakito:20190407193257j:image

そしてこの場所の目玉。世界一大きいと言われるドラゴンツリーです!!なんと樹齢1000年⁉️と言われているようです。


f:id:Hakito:20190407193325j:image

 高さは22メートルです。この壮大さ写真で伝わるかなぁ。


f:id:Hakito:20190407193335j:image

このボテっとしたピンクの花のホォルムが、なんとも可愛いです🧡

 

島の中心部に行けば街の賑わいも楽しめ、またビーチリゾート気分も味わえる、そして壮大な山や木々も臨めるカナリヤ諸島を存分に楽しめた旅でした〜

カナリア諸島〜ファナーベビーチ編~

そして三か所目。ついについに待ちに待ったビーチリゾートに到着。

Playa de fanabeというエリアに宿泊。

イギリス人の多いこと、多いこと。

この辺りは大型リゾートホテルがほとんどで、今回泊まった宿はビーチに行かなくても敷地内にプールが2、3か所あり、夜にはイベントもあったりで大いに楽しめます。

 

f:id:Hakito:20190407192845j:image

既に2019年を迎えているけど、まだまだヨーロッパではクリスマスツリーを出して、クリスマス休暇からの長期休暇気分を楽しんでいます。


f:id:Hakito:20190407192839j:image

リゾートホテルの敷地内の様子。実は日陰の部分はまだまだ肌寒く、アジア人の体感温度だと正直寒イボを立てながら見栄を張りつつリゾート気分を味わう感じ、と言ったところでしょうか。


f:id:Hakito:20190407192831j:image

そして近くのファナーベビーチのサンセット。やっぱり海の景色は最高です。


f:id:Hakito:20190407192913j:image

ビーチの周りは飲食店やお店がいっぱいあり、食べ飲みするところには困りません。

 

f:id:Hakito:20190407192835j:image

これこれ!この光景を求めて、トロピカルアイランドに来たのです。


f:id:Hakito:20190407192927j:image

季節柄もあるのでしょうが、この時期はそんなに混んでなくて、とは言え、人が少なすぎて寂しいと言うこともなくちょうど盛り上がりも良かったように思います。


f:id:Hakito:20190407192901j:image

もういっちょサンセット


f:id:Hakito:20190407192849j:image

どんなに夕日好きなんだと思われようとも、このサンセットは絶景です。砂浜に太陽が写っている!! ロマンチック~(笑)


f:id:Hakito:20190407192907j:image

そして、宿から見えた海岸花火。年越しも終わったけれど、この花火は一体何の花火?! 


f:id:Hakito:20190407192918j:image

そしてランチ時間過ぎに小腹が減り、ビーチで食べたお魚のフライ。やっぱりサイドには例のカナリアじゃがいもが添えられています(笑)

 

このビーチリゾート に3泊しましたが、不思議なことに地元のカナリア諸島テネリフェ島の人と遭遇することはない・・・従業員以外・・・浮かれた外人ばっかりでした。そんな不思議な作られた場所でしたが、ヴァカンスで行くととても楽しい場所でした!

カナリア諸島~テイデ山編~

2019年の幕開け。ヨーロッパも元旦だけはどこも閉まっているので、この日は街を離れ自然を堪能することに。

カナリア諸島のテネリフェ島で有名な火山『teide』山の近くの宿に1泊。

お天気がとても良く、だけど暑すぎないという最高の条件でした。

 

f:id:Hakito:20190407192303j:image

こーんな自然一杯のお宿です。


f:id:Hakito:20190407192233j:image

普段見ることがないサボテンの木も、普通に感じてきました。周りはなにもないマイナスイオンたっぷりの場所です。


f:id:Hakito:20190407192213j:image

こんなところでゆっくりしたら最高なんだろうな~と思いつつ、でもそんな余裕はない!とりあえずお目当てのテイデ山に行かねば!!!

 

山道をドライブして、途中小さな集落を通過して、ついにテイデ国立公園に到着。


f:id:Hakito:20190407192313j:image

壮大な景色。


f:id:Hakito:20190407192248j:image

もちろん未知の地ですが月面に降り立ったような気分。


f:id:Hakito:20190407192223j:image

テイデ山の山頂はロープウェイで上がります。本当はロープウェイで行ってみたかったけど、元旦はさすがに営業やってないだろうと勝手な判断をして諦めてしまい、後で元旦も休まず営業していたことを知り、気分はチーーーーーン


f:id:Hakito:20190407191834j:image

この世のものとは思えない光景。まさかの一話も観たことないですが、スターウォーズの世界?!(妄想がすぎる!!)


f:id:Hakito:20190407192227j:image

岩がゴロゴロ。


f:id:Hakito:20190407192237j:image

あれ?こっちがテイデ山の山頂だったかな?


f:id:Hakito:20190407192208j:image

こんなの巨大石が!!自然の着色。


f:id:Hakito:20190407192243j:image

本当は私もあの先っぽで座って見たかったのですが、命が惜しくて危険にチャレンジできませんでした。

 

そしてサンセット。


f:id:Hakito:20190407191901j:image


f:id:Hakito:20190407192219j:image

 いや〜大自然ってまさにこれ!っていう景色でした。

ここはおススメです!

 

番外編: テネリフェで見た可愛い植物たちをご紹介。
f:id:Hakito:20190407192252j:image

丸っこいクッションみたいだけど、座るととてつもなく痛い事、間違いなし。


f:id:Hakito:20190407192257j:image

なんだか和装に合いそうな髪飾りに見えるのは、想像力の高い私だけ?!

年越し〜サンタクルス編〜

さて12月31日の大晦日。ヨーロッパの年越しのディナーは予約は必須です。

大体どのレストランも年越しディナーメニューのみで、カジュアルに食べれるファーストフード店は夕方で閉まってしまいます。

年越しをするレストランをあれやこれや欲を出して迷っているうちに、予約を取り損ねてあわや夕食難民になりそうなところでしたが、何とか地元で評価の高いレストランをギリギリで予約することができました (;'∀')セーフ

 

f:id:Hakito:20190304052344j:image

今晩はここで年越し決定です。


f:id:Hakito:20190304052338j:image

この日は全部予約のみ。


f:id:Hakito:20190304052325j:image

前菜は、マクロ料理。洋食に少し疲れたところで、やや和食に近い味のお料理は嬉しい。


f:id:Hakito:20190304052310j:image

そしてメイン魚料理。クリームソースだけどしつこくなくとても美味しかったです。


f:id:Hakito:20190304052333j:image

そしてメイン肉料理。お肉はすごく柔らかくてめちゃくちゃおいしかったのですが、さすがにメイン料理の二品目はお腹が満腹で思うように食が進まず… 

 

f:id:Hakito:20190407223643j:image

そしてデザートのりんごのコンポート。ケーキだったらどうしようとドキドキしていましたが、フルーツのコンポートで食べやすく意外とペロリとたいらげる事ができました。


f:id:Hakito:20190304052318j:image

そして食後のコーヒーとともに、チョコレートが出てきました。市販ではなかなか食べられないようなとてもおいしいチョコレートでした。


f:id:Hakito:20190304052305j:image

そしてスペインの年越しディナーはこのように、パーティーグッズが各テーブルに配られています。


f:id:Hakito:20190304052314j:image

年越しのカウントダウンが始まる直前に、お客さんたちは無邪気にセットにかかります。

 

f:id:Hakito:20190407184220j:image

そしてもう一つのスペインの年越しの特徴は、このマスカット。 10粒が1パックとなっていてカウントダウンに合わせて1つずつ食べていきます。そして年越しのその瞬間にシャンパンで周りのお客さん達と乾杯をしながら、新しい年を祝います。

面白いのが、ディナーが始まった時は全く赤の他人で知らんぷり状態だったもの同士が、年越しの瞬間は笑顔で乾杯し合っているというところです。

 

カナリア諸島全域なのかサンタクルスのみなのかよくわかりませんが、みんな年越しディナーはかなりの気合が入りまくりで、アカデミー賞ばりのドレスアップでした。男性は蝶ネクタイとかしている人も珍しくなく、女性もロングドレスでキラキラアクセサリーにピンヒール履いてました。これは完全にリサーチ不足でカジュアル服しか用意してこなかった為に、大晦日はフォーマル服とピカピカジュエリーにバックを現地調達すべく走り回りました。

 

f:id:Hakito:20190407225108j:image

 そして年越しディナーを終え、店をでて繁華街の年越しイベントに参加。ライブミュージックや花火なので盛り上がっていました。

 

これで無事賑やかに新しい年を迎える事ができてホッとしました。