Hakitoの怠け者生活

海外生活 なんとなく過ごす日々の中での発見

ついに、ついに!! ABN Amro 世界テニストーナメント

こんな夢見たいな日が来るなんて思いもしませんでした!!!ついにこの日が・・・!!!

日本人テニスプレイヤーがナンバー1シードとして世界試合にエントリーされる事すら凄い事なのですが、まさか我が居住都市ロッテルダムにあのあの『錦織圭選手』がやって来るとは。長年しぶとくここに住んでてきてヨカッタァァ🙌

 

という事で、2回戦の応援に行ってきました〜

f:id:Hakito:20190217020320j:image

もちろんこの大会の目玉選手、錦織選手!!ヒューヒュー

ちなみにこの大会は『AHOY』という会場で開催されます。アホイ、アホイ・・・日本人からしたら突っ込まずにいられないこの名前。


f:id:Hakito:20190217020338j:image

試合開始前のウォーミングアップの様子。このユニフォームはよく他の試合でも見かけるやつですね。オランダ人インタビュアーがオランダカラーのオレンジですね、とコメントしていました。

モチロンいい試合が観たいとは思いますが、正直結果どうのこうのよりもこの会場で『同じ空気を吸ってる』ことだけで十分胸いっぱいです〜


f:id:Hakito:20190217020313j:image

第二回戦の対戦相手はラトビアのガルビス選手。試合開始直後から感覚が合わないのか、調子が悪そうでした。日本応援サイドの私としては少し嬉しかったですが、ミスでポイントを失っていく姿はちょっと気の毒に思いました。でもそんな悠長なことも言ってられない!

そうとはいえ、錦織選手もサービスエースが決まっていたり得意のストロークも本当に決まってました。


f:id:Hakito:20190217020409j:image

この日は2月14日のバレンタインデー。真剣勝負の試合にバッチリバレンタインの感じを持ち込んでました。この大会は選手のブレイク中に、エンタテイメントとして観客を盛り上げる演出があるのですが、この日はコートがまさかの真っ赤っかに!!しかも観客の中からカップルがスクリーンに抜き映し出され、『KISS』をせがまれるという海外ならではの無茶振り!!もしその男女がまだカップルになっていない関係だったら、一体どうなるんだろう・・・。


f:id:Hakito:20190217020333j:image

そしてセットカウント2−0で錦織選手の勝利!!!身長190センチでサーブも200キロ超えのガルビス選手に勝つとは、本当に凄いことです。世界大会で日本人選手がナイスプレーをして期待通りきちんと結果を残してくれる日が来るとは、感動の一言です。孤独な事も多い海外で活躍する錦織選手の活躍を見て、私も異国での生活を頑張ろうと思えました。(←世界トップアスリートと大して何もしていない私とでは、比べるレベルが違いすぎ?!笑)

 

それにしても勝利後のインタビューで「昨晩はロッテルダムで美味しい地元のご飯を食べました」と言ってたけど、そんなのこの街のどこにアル

雪景色 

オランダの冬・・・っていうと、何年住んでもサムイの一言につきます。

 

オランダの緯度はなんと北海道よりも高く、『樺太』と同じくらいなんです!という事は当然冬はとっても寒いハズ!!

ただ偏西風の影響で温暖だそうです。。。が、日本の本土出身の私からしたら、冬は結構寒く厳しいと思います。

こっちに来てからというもの、日本では出番ないだろうと思われるような厚手のセーターばかり集めています。それに厚手のタイツ。これで冬をなんとか乗り切っています。それなのに長年日本を離れすぎているせいか、冬必須アイテムのホッカイロの使うタイミングを忘れてしまい(いえ、正確に言えば勿体ぶっている?!)、封を切らないままカバンの中に入れっぱなしで、気がついたら冬を越して有効期限まで切らしてしまっています。

 

本日2月2日のオランダの気温は最高3度、最低−1となっていますが、港湾都市のロッテルダムは風がとても強くその影響もあってか、体感温度は実際の気温よりも2、3度寒かったりするのです。

その割に雪が降るのは最近は毎冬3日くらい(?)と意外と少ないのですが、私がオランダに来てすぐさま年越した2012年と翌年の2013年は本当に極寒で、人生初めて体感温度−20何度を体験しました。池も凍りその上をスケートする人や、ソリで通学する子供達がいるという『想像を超える光景』でした。

そんな冬の光景も地球温暖化のせいか近年では少しずつ変わって来て、割と穏やかな冬が続いています。

 

しかし、ついにオランダにも雪が到来。1月22日に大雪が降りました〜!!

 

f:id:Hakito:20190202084551j:image

雪景色は神秘的ですよね〜キレイ✨

 

オランダは『積雪対策』がきちんとされていて、高速道路を含め大きな車道自転車専用道路には、降雪予報に合わせて凍結材が撒かれます。基本、使用量の多い車のタイヤは冬本番が来る前に夏タイヤから冬のタイヤに履き替えしますが、それをしない車でも凍結材のおかげでゆっくり走行する事ができます。とは言え、一事が万事。スリップして大事故にも成り兼ねませんので、冬タイヤを使用していない車は運転を控えた方がいいですね。

 


f:id:Hakito:20190202084557j:image

そして翌日の1月23日も積雪は残っていて、これまた絵葉書のような光景✨

 

こんな日はホットチョコレート(chocomel)を飲んで室内で暖かく過ごすのがオランダ式のようですが、『家で優雅にホットチョコレートをいれて飲む』習慣がどうもまだ身につかないネイティブニッポン人🇯🇵です。

オランダの国とは?

オランダってどんな国?(いきなりオランダ親善大使ぶったこの出だし)

意外と国名は聞いた事あるけど、詳しくは知らない人が多いですよね〜

イエイエ無理もない、オランダの国土は日本の九州とほぼ同じ大きさで、オランダの人口は東京の人口の25%くらいだそうです!!!そう考えると小さな国なのに、割と知られている方なのかも知れません。

オランダは埋め立てて広げた国であり、国土の四分の一は『海抜ゼロ』だそうです。なので、海から水が流れてきたら海の底になるのです・・・淡々とした文面ですが、冷静に考えると、こ、こわい。

そういえば以前、日本からの旅行者と電車に乗っていると外の景色を見て「えええ、地面と川の高さがほぼ変わらないけど、水溢れて来ない?!」と驚かれた事がありました。見慣れた景色にすっかり何も思わなかったのですが、それから意識して見てみると日常の景色の中でも確かに水位が高い!大雨が降ったらすぐ溢れそうな水位ですが、でもこれがオランダのすごいところ。もちろん大雨が続いたりすると水が溢れ出ているところもあるようですが、でもほとんどの場合は、昔から水と闘って来たオランダの技術で防いでいるようです。

しかも埋め立てのせいで地盤沈下もしていて、古い建物なんかをよくみると結構前傾しています。特に首都のアムステルダムに行くと、よく傾いている建物を目にします。思わず心配でオランダ人に「建物が傾いているけどオランダの将来の事を考えると心配じゃない?」とタブーのような事を無邪気に聞いてしまったこともあったのですが、「ん〜大丈夫。日々対策や研究もされているし、何百年もかけてこれしか傾いてないんだから、倒れるまでにはまた何百年もかかるだろうし、その頃はまたきっと何かいい案が出てると思うよ。」とのことでした。うん、確かに・・・

 

さて次に日本人が呼んでるオランダというこの国名は、果たして正しいのでしょうか。答えは・・・ブッブー。オランダ人は自国をネーダランス(Nederlands)と言います。英語の正式名は、The Netherlandsだそうです。しかし、アメリカ英語ではホーランドと呼んでいるようです。

ネーダランスとは『低い国』という語源から来ています。そうなると、『オランダ』という名前はどこから来たのか?という疑問が出てきますが、実はオランダの国は12の州で成り立っていて、その中に北オランダ南オランダが存在します。それぞれの主要都市として北オランダはアムステルダム、そして南オランダはロッテルダムとなります。このことを踏まえると『オランダ』は、この二つの州を指す事となり正式には間違いとなります。

そうなの〜?!

この事を知った時は個人的には目から鱗が落ちて、その後暫くオランダを語る時は毎度のようにこのネタを使っていました(笑)言い過ぎたのか今ではさすがに飽きて、あまり言わなくなりましたケド・・・

 

そうそう、長崎にあるオランダ村『ハウステンボス』にまつわる話ですが、オランダに来た当初日本から旅行で帰って来たというオランダ人と知り合う機会があり、「私ハウステンボスに2回行ったことがあるよ!」っと言ったところ、「え!!ハウステンボス(Huis ten Bosch)ってオランダの女王(当時)が住んでる宮殿だけど?!」と言われて、ビックリした事がありました(笑)

それなら招かれたことないから行ったことないっす。。。(汗)しかし大胆な名前をテーマパークにつけたものだ…

f:id:Hakito:20190118062656j:image

こちらが『ニホンのハウステンボス』中の建物でスタッドハウスのモデルになっている、『ゴウダ市庁舎』です。そしてスタッドハウスはオランダ語で市庁舎という意味です。

美しい建物ですよね〜。

私の相棒

オランダに来て、何か新しいことに挑戦したいな〜と思い7年前に勇気を出したことの一つが、車の運転です。

日本では本当に時々、親の車を借りて頑張って家の近所を運転していただけで車生活とは無縁でしたが、海外に来て初めて自分の車を持ちました。

オランダに来た時に住んでいた家が駅から少し遠いというのを言い訳に車を購入しましたが、今ではすっかり私の相棒です。

 

f:id:Hakito:20190117064125j:image

 

大きな車は車幅が怖くてNG、また、まだまだマニュアルの車が多いヨーロッパでオートマ車となると選択が少なく、私の訪れたディーラー店ではこの赤いダイハツ車とクールな感じの黒のシボレー車の2択でした。日本車は故障が少ないとディーラーさんの強い後押しを得て赤のダイハツ車を購入しました。

そういえばその時の珍話として、「出来るだけ小さい車をください」とリクエストしたらこの車を勧められたので、「これ軽自動車ですか?」と質問したところ私の質問の意図が全く伝わらなかったのを覚えています。軽自動車って英語で何ていうんだろう??と思いながら思わず「light car」とバリバリの和製英語みたいな単語を言ってしまい、ディーラーさんが「軽い車?!ってなに?!」ってなってました(笑)ごもっとも。

その後「パワーが小さい車」とか「エンジンが小さい」とかあの手この手で伝えようとしましたが、「この車で大丈夫、大丈夫」と言いくるめられて、結局これが軽自動車なのかどうか答えを聞けずじまいでした。でも日本だと軽自動車ですよね。

後にでわかった事がヨーロッパでは『軽自動車と普通車の区別がない』ようです。

また私が日本で取得したオートマ限定の免許証でも、ヨーロッパではなんとマニュアルカーが運転できます!!!つまりはこっちで免許証を取得した場合、オートマ限定という免許証なんて存在しないのです。そうとはいえ、マニュアルカーの動かし方すら知らないので、私がこの免許証を持っていてもオートマ限定と同じ事なんですけどね・・・

 

そして今では、ロッテルダムの中心部に引越しもして車を持たなくても不自由しない生活になりました。むしろ手元に置いておくと色々と費用がかかって割高になるこの車ですが、私のオランダ生活はこの車と共に月日を重ねています。きっとこの愛着のある赤い小さな車を手放す時は、日本に本帰国するタイミングなんだろうな〜と思います。その日を思うと、早くも涙が溢れそうになります・・・と言いつつ、滅多に洗車やお掃除もしないヒドイ車の持ち主です。

外国人と日本人における『当然』の解釈の違い

最近思うのが(いえ、多分ずっと前から気づいてましたが・・・)、海外には日本人が思う理不尽な事が一杯転がっています。

度々身近に起こる例えを2点ほど挙げてみます。

コンビニでの支払いレジ待ち

・レジが2列あるうちの1列のみ稼働

・レジに大勢のお客さんが長蛇の列で並んで、なぜ2つ目が開かないのかとイライラしている

・店員がその状況になかなか気づかなかったがようやく気づき、2つ目のレジが稼働し始める

上記のような状況になると、私たちが思う『当然』は次に支払いをする順番の人が、2つ目のレジに優先的に行くという事です。

ただ、ヨーロッパ圏に住んでいて気づいた事は(アジア圏はどうだったか今となっては忘れてしまったのですが。。。)、2つ目のレジが稼働すると分かった人が我先に新しいレジの先頭に行ったりする事が普通なのです・・・

ボォーとしていて気づかない人が悪いのであって、損をするシステム?と言えるでしょう。人を押してまで先に行く事はNGと思われますが、この場合は遠慮する事は美徳ではないように思えます。また新たなレジが空いたのであれば、新たな列の順番ができるというヨーロッパではシンプルなルールなのだと思います。

 

f:id:Hakito:20190112040844j:image

 

空港の搭乗口ゲートの列

・搭乗時間まで20分あるので、多くの人がゲート近くの椅子で座って待ってる

・搭乗開始になるとゲートの前に列が出来始める

・椅子に座っていた人も列に加わり始める

さて上記の状況になった場合、椅子に座っていた人は『当然』列の最後尾まで下がって並ぶのが公平なのではないでしょうか。椅子に座ってをしていた間に、すでに立って列に並んでいた人がいる訳です。

しかし列最後尾より前の椅子に座っていた人は立ち上がり、椅子から近い列の途中に割り込みで並びます。

・・・。なんかモヤモヤ。

 

こんな感じの事例が本当に一杯一杯日常に起こります。気がつかないうちに、小さなストレスが一杯になる時があります。

しかしながらこれらの事は厳密に言えばオカシイと腹がたつのですが、何れにしても遅かれ早かれ順番は回ってくるので、そんなに気を立てることもない事柄です。

でもぉ、でもぉ。。。

何よりそんな事が起こっても、周囲の外国人たちは私たち日本人ほどイライラとしていないのです。それどころか横入りされていることにも気づいていない人もいます。おおらかなのか、はたまたボーッとしているだけなのか。

そこでそもそも私たち日本人の考える『当然』という解釈が外国人とは違うのかもしれない、と思うようにもなりました。(そう思うと気持ちが落ち着くというか・・・)

本来日本人はルールと定められて物にはきちんと従う性質なので、それに反している人が少しでも自分より得やズルをすると基本許せない人種なのだと思います。

でもそれは理に適っている事なので、何も悪い事とは思いません。むしろ正しいのではないでしょうか。

それに比べ外国人はルールを守っている人もいるし、意図的なのか、はたまたそれほど注意していなくて無視してしまっている人もいたりするのです。その結果ズルしている人が大勢います。そんな人に対して、真面目にルールを守っている人も寛容に許していたりします。その事に対しても、日本人の私たちは理解しがたいのです。

Why 外国ピーポー?!

 

そんな小さな小さな問題が見逃せずに時にはストレスと闘っている、海外在住の私です(笑)

 

 

 

 

クリスマス旅行2018 châteauホテル

クリスマスイブ。

ヨーロッパのレストランは、日本で稼ぎ時と言われるクリスマスイブクリスマス、それに26日(←祝日)もお店を閉めているところが多いのです。そう考えると『ヨーロッパのクリスマス』は、本当に『日本のお正月』に似ています。

しかしながら近年では、やや高級レストランなどは閉店せずしっかりオープンしています。ただメニューは決まったクリスマスコースディナーのみ。少しお値段は高くなりますがその分美味しいお料理にありつけるので、ここは割り切ってクリスマスディナーをするのが懸命かもしれません。

ここで気をつけなければいけないのが、当日飛び込みでお店に行ってもほぼ予約で一杯なので、事前に予約が必須という事です。これを怠るとまさかのクリスマスイブに『夕食難民』になります。

 

さてさてそんな我が家の今年のクリスマスイブは、シャトー(お城)ホテルで一泊フレンチディナーでした。

シャトーホテルで宿泊&食事は、私の大好きな旅プランで以前からちょくちょく行なっていましたが、最近ではフレンチフルコースが食べきれず遠のいていました。

今回訪れたchâteauホテルはsedanというベルギーの国境にほど近い小さな街でした。sedanはその昔、ナポレオン3世が包囲され捕虜になった場所だそうです。今回の旅行を行くにあたって、初めて知りました。いえ、詳しくは現地に着いてから知りました…

 

今回泊まったお城です。なんと街を代表する観光地の中でした!!1424年に築城。

f:id:Hakito:20190104085727j:image

 

到着したのは夜で真っ暗だったので、更に別の意味で迫力満点

恐る恐る城壁の中にはいると…


f:id:Hakito:20190104085619j:image

意外と宿泊客の車が一杯泊まってて、少しホッとしました。


f:id:Hakito:20190104085814j:image

うわぁぁ。でもやっぱりビックリせずにはいられません。

 

お城の中は、改装されていてとても綺麗でした。


f:id:Hakito:20190104085807j:image

壁は昔からの石をそのまま残している様子で、現代の物との『調和』がとてもいい感じに取れている清潔感のあるホテルでした。

 

そして今晩の目玉の夕食は…

 

晩餐会場!!きゃっ、素敵〜

f:id:Hakito:20190104085841j:image

中にはカジュアルな方もいましたが、ほとんどの人は正装していました。


f:id:Hakito:20190104085746j:image

本日のメニュー。

各2行ずつ書かれているうちの、上の段がお料理で下の段が一緒にサーブされるお酒です。


f:id:Hakito:20190104085737j:image

アペリティフのシャンパンからスタート

 

 f:id:Hakito:20190104085818j:image

こちらのお料理はお品書きには載っていません。突き出しのようなものです。


f:id:Hakito:20190104085643j:image
f:id:Hakito:20190104085750j:image

前菜二品


f:id:Hakito:20190104085715j:image

お口直しの洋ナシシャーベット。 

希望者には洋酒を注いでくれます。


f:id:Hakito:20190104085801j:image

メインディッシュ


f:id:Hakito:20190104085647j:image

写真を撮り忘れてしまいましたが、デザートの前にチーズ三種盛りがありました。

 

どれもどれも本当に美味しかったです!!さすがおフランス。このクオリティ、オランダでは食べれません。

正直メニューを見たとき最後まで食べきれるか不安でしたが、どれも大きすぎず程よい量で美味しく頂けました。でもやっぱり最後は満腹で、お腹も風船のように膨れ上がっていました。

 

翌日シャトーを再び見てみると、とても壮大でした。
f:id:Hakito:20190104085656j:image
f:id:Hakito:20190104085634j:image
f:id:Hakito:20190104085709j:image
f:id:Hakito:20190104085720j:image

夜に見たやや不気味だった場所は、なんとお城のミュージアムでした。

 

そしてsedanの街中を少しブラブラと見て、この地を後にしました。


f:id:Hakito:20190104085623j:image

クリスマス当日は、スーパーも含めてお店は全部閉まっています。ただパン屋は頑張って営業していました。やっぱりフランス人にとってパンは大切な主食なんですね。

 

この日のヨーロッパはこの冬一番級の冷え込みとなりすごく寒かったですが、お天気が良く清々しいクリスマスでした。

クリスマス旅行2018 Metz in フランス 

Nancyに2日間滞在して、次の滞在場所に移動。その前に近郊でフランス最古の街の一つでもあるMetzに立ち寄りました。

以前フランスの友人がここの出身ということで遊びに行った事がありましたが、それも今から6年の昔の話。また今の年齢で改めて行くと、前とは違った趣を感じることができとても良かったです。

メスはサッカーの川島選手が2年間所属していたサッカークラブの本拠地です。でも残念ながら私はあまりサッカーわかりませんので、果たしてここのクラブチームが強いのか弱いのかナゾです。

 

さて一般的にこの街で有名なのは、やっぱりここです!

f:id:Hakito:20190101040513j:image

サンティエンヌ大聖堂。ヨーロッパのゴシック建築のトップクラスの大きさです。外観だけでも彫刻が凄いことが明らかです。

f:id:Hakito:20190103071108j:image

よくよく見ると、マリアさまのお顔が『ドヤ顔』でちょっと愛着が湧きました。

 

期待の大聖堂の中は・・・

f:id:Hakito:20190103044940j:image
f:id:Hakito:20190103044616j:image
f:id:Hakito:20190103045054j:image
f:id:Hakito:20190103045047j:image

外観負けは全く感じません‼︎

なんとこちらの大聖堂内にあるステンドグラスの総面積は、ヨーロッパの中でも最大級との事です!確かにどれも精巧で美しいぃぃ。


f:id:Hakito:20190103044627j:image

クリスマスならではのオーナメントも上品に飾られていました。

しかし階段の段差にこのクリスマスリースを飾るお洒落センスは、欧米ならではな感じがします。(日本人は恐らく床に置くという事にやや抵抗が…)

これを機に是非とも見習いたいです。

 

そしてこの時期の街中はというと…この日は12月24日のクリスマスイブだったので、お店の閉店時間も早く、それどころか閉店しているところも多々あり

 

でも…でも…

 

やっぱりまたやってた、クリスマスマーケット!!(笑)

フランスのクリスマスマーケットにしては店舗数も多く、売ってるものも多種多様で面白かったです。


f:id:Hakito:20190101040524j:image


f:id:Hakito:20190101040502j:image

またまたバン・ショー(ホットワイン)を飲みました。ここのも独自のスパイスレシピで美味しかったです。

 

そして最近クリスマスマーケットでお気に入りなのが、焼き栗。

f:id:Hakito:20190101040530j:image

写真を撮るのを忘れて、がっついて食べてると残り一個に…食べきる前に写真に収める事が出来て良かったですが、やや淋しげ(笑)

『焼き栗』を食べると、子供の頃にクリスマスになると両親に買ってもらっていたパリでの幼少期が、今も自然と思い出されます。淡い想ひ出…

 

f:id:Hakito:20190101041512j:image

レトロなメリーゴーランドとレトロな街並み。子供が乗ってそれを親が見守っているだけの図なのですが、絵になる〜

 

そしてアルザス地方では、クリスマスちょっと前にある『聖ニコラの日』に食べるという『マナラ』という人形型のパンがあるのですが、初めてそのパンにお目にかかりました。


f:id:Hakito:20190101040539j:image

お店によって様々な顔や形なのですが、ここのがベスト1の可愛さでした。通常のは全く可愛くなく、むしろ手抜き感満載です(笑)

ここのは愛情一杯の仕上がり。しかもホワイトチョコでコーティング!

 

まだまだ見所一杯のMetzを後にして、次なる土地に移動しました。後ろ髪ひかれる〜